自然なお産日記

家族や職場の仲間、まわりを頼ろう

投稿日:2018年8月30日 更新日:

 離れて暮らしている家族が、会いに来てくれました。

実際に車で岡崎の吉村医院まで行って道を確認するためだったような気がします。

長い間、亡くなる命はあっても生まれてくる命がなかった我が家、

新しく生まれてくる命のことを

みんなで不思議な想いで待っていたように思います。

それにしても、恥ずかしがり屋な家族です。

 

 

 

 

 

 

2014.4.14

今日から、妊娠38週目になります

6時!と思って起きたら5時だと気づいた朝

昨日仕込んだ甘酒のんで

今日もはじまります

新しい部屋に引っ越して、

1週間になりました

片付けもおちつき、(冷蔵庫と洗濯機のない日々ですが)

昨日はお正月以来

やろうやろうとして全然手が回らなかった布おむつを

やっと、一枚縫いました

あと9枚ありますが…

 

 

おなかは、そんなに体重ふえないので

育ってるかなあ?と気になりますが

確実に大きくなってるみたいで

おなかの下側と背中をクッションと布団で支えながら、

やや上向きの横向きで寝るのが

最近おちつく形になりました

 

 

4月に入ってから

施術はうけていないながらも

毎日ひだまりへ行きます

なんだかんだしに…

わたしがいない間も

わたし以外の5人のスタッフが

ひだまりをしっかり守ってくれています

頼もしく、とてもありがたい仲間です

この妊娠期間中、

いつもいつもみんなはそばにいてくれて

わたしを励まし、支えてくれました

あまりにあれこれ起こったこの1年でしたが

みんなとだったからやってこれたんだとおもいます

ここからひだまりは

もっともっといいお店になります

とてもいい春を迎えてます

 

 

昨日の日曜は

大垣の家族3人がくるまでやって来ました

うちの家族は恥ずかしがり?なので、

こうして集まっても

あんまり赤ちゃんの話とかしないのですが

(名前は?とか誰も言わないし

おなかさわる人とかいないし)

それでもとても気にしてくれてて

楽しみにしててくれることは分かります

そして、いざというときに

やはり家族はたよれる存在でした

とても助けられました

今まで亡くなっていく家族ばかりだったので

寂しい感じでしたが

たおちゃんは新しい家族!

なんですねえ

でもそんな存在はじめてだから

きっとそれぞれ不思議な気分でいるんじゃないでしょーか

 

 

新しい命って

たくさんの希望だなあとおもいます

そう思うと

大きくなったおなかがいっそう大事だし

元気に生まれますようにと祈らずにいられません

 

 

あっというまですね!

ってよくいいますが

わたしにはあっというまはありません

ひだまり10年、

早いですねー!って感じる方もいらっしゃいますが

わたしはそうは感じません

長かったですねえー

妊娠中も長いです

思い出せば、最近のあれもこれも、

もうすでに妊娠中のできごとだったし

この時間をゆっくりゆっくり経るなかで

いろいろなことをたくさん学んで

自分自身も育てられてきました

必要なんだとおもいます

育てながら考えさせられる期間が

なんともならないなりにもがく時間が

 

結果じゃなくてプロセスがだいじって

よくいうけど

ほんとプロセスに人生がありますね

結果は、たまたまそのときの

一瞬の状態を切り取ったものにすぎない

次の瞬間には

その意味も変化していくでしょう

今が一番変化しやすくて

どのようにでもなっていくことができる可能性がいっぱい

 

今日を大事に

せいいっぱい生きていけば

ほんとそれが一番ですね

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-自然なお産日記
-仕事, 出産準備, 妊娠中, 家族, 産休, 臨月

Copyright© 妊活セラピストの視点|ninkatsu.view , 2018 All Rights Reserved.