妊活セラピストのつぶやき

妊活に絵本はいかが?心を柔らかく耕し、ストレッチさせよう。

投稿日:

絵本大好きな4歳の娘。

図書館では自由に絵本を選んで持ってきて、10冊~15冊くらい借りていきます。

毎晩、10冊弱の絵本を読んでいて、私はときに眠気との戦いになります。

 

そんな娘はファンタジーの世界を生きているような感じで、

よく歌を歌い、プールで浮き輪で浮かびながらも歌っていて、

自分の世界にはまり込んでいるようです。

 

自分も子どものころはお話が好きで、歴史よりファンタジーとか、

動物が出てくるお話が好きでした。

そのころは自分で絵を描いてお話を作ったりするのも好きでした。

でも今は、空想遊びやお話を作ることがとっても難しい、というか苦痛かも。

大学生くらいから本といえば実用書、お話はノンフィクション、

ファンタジーや小説は興味も持たなくなってしまいました。

どんなにベストセラーと言われても、読む気にならないのです。

ちょっと開いてみても、読み進めることができない。

仕事に結びつく興味あるテーマの本なら

知識習得のため、勉強のため、参考資料としてといっぱい読みましたが。

その時はワクワクして至福でああ、これは活かせる!

これはこんな風につながる!スバラシイ!と。

なんて味気ない大人(笑)。

 

なので、娘のお人形遊びなどに付き合うことができないんですね。

なんか苦しくなってしまう~!

そして飽きてしまう!汗

 

心に筋肉みたいに固さがあるとするなら私はカチカチです。

娘はお餅のように伸びるやわらかさ。

なんとか今からでも柔らかくならないかな。

 

というわけで娘の絵本を読みながら、心のストレッチをしたいと思います。

これから子育てをしたい妊活中のみなさんも、

絵本を読んで心を耕してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-妊活セラピストのつぶやき
-セラピストのつぶやき, ファンタジー, 妊活, 絵本, 遊び心

Copyright© 妊活セラピストの視点|ninkatsu.view , 2018 All Rights Reserved.