調味料の妊活 調理の妊活

調味料の妊活② 免疫力の要・血液を強くするには!?

投稿日:

こんにちは。妊活セラピストの渡辺です。
調味料の妊活ということで、今回は味噌です。

味噌といえば味噌汁ですよね。
みなさんはどのように味噌汁を作っていますか?
味噌は、何味噌を使いますか?
具はどんなものを入れますか?

一言で味噌汁といってもいろいろです。
そしてもちろん味噌にも陰陽があります。
味噌汁にも陰陽があり、
季節に合わせたり、自分により合ったエネルギーに整えることができるんですよ。

味噌の原料はシンプル

味噌作りをしたことはありますか?
我が家では毎年2月の恒例行事です。

味噌の材料は、大豆、塩、麹。以上です。

市販の味噌の原材料を見てみると、
もっといろいろ書いてあるものが多いです。
より食べやすくなるよう味を調整してあるわけなのですが、
本来はこんなにシンプルな材料でできているんですね。

ぜひきちんと発酵・熟成させた本物の味噌を手に入れましょう。

 

味噌の種類いろいろ

味噌の作り方ですが

大豆を茹でて潰し、塩と麹と混ぜ合わせていきます。
それを容器に入れ、半年以上熟成させます。

この時、どういう麹を入れるかで
米味噌、麦味噌、豆味噌など種類が変わってきます。
味噌そのものは、塩分があり発酵・熟成させて作られる陽性な調味料なのですが、
麹の種類・熟成期間によって陰陽のエネルギーが変わってきます。

味噌を熟成させる時間が一番長いのが豆麹で作られる豆味噌、
中でも八丁味噌と言われる愛知県発祥の味噌は三年熟成させます。
色がかなり黒っぽい赤で、スプーンなどではすくえない硬さです。
煮込んだりすることにも向いていて、もっとも陽性なパワーをもらえる味噌と言えます。
愛知県ではこの八丁味噌を使った料理が多くありますが、
三河武士がたくましかったのはこの八丁味噌のおかげだという話もあるほどです。

米味噌は、米麹で作られた味噌で一般的な味噌に多いのはこの米味噌です。
熟成は10ヶ月ほどで、やや陽性ですが中庸に近い味噌です。

麦麹を使った麦味噌は九州の方でよく作られています。
麦は米よりも陰性なエネルギーなので、米味噌より軽いエネルギーの味噌汁ができます。
地域によってはかなり熟成を短めにし、冷蔵庫で保管しながら食べていくようです。

白味噌はこの熟成期間がとても短い味噌です。
甘みがあるので、スイーツ作りの時の甘味料としても使うことがあります。
また、洋風のホワイトシチューやポタージュスープなどに加えてもおいしいです。

 

味噌汁の陰陽調整法

本物の味噌ならお出汁がなくてもおいしいと思いますが、

お出汁を使うならここにも陰陽があります。

より陰性な出汁  野菜、わかめ、昆布

より陽性な出汁 にぼし、かつおぶし、あごだし

ここに具材をどう組み合わせるかで、さらにパワーにバリエーションが作れます。

陰性な具材  すぐ火が通る野菜、ふのりやあおさのような海藻、わかめ、豆腐など

陽性な具材  大きく切った野菜、根菜、あさり、しじみ、豚肉など

例えば  朝ごはんとして軽いエネルギーの軽い味噌汁がよいなら

薄めの麦味噌にわかめと豆腐とか。

体をあっためてパワーが欲しいときは

八丁味噌で根菜や豚汁など火をしっかり入れて。最強の陽性味噌汁ですねー。

 

被曝から命を救った味噌汁のパワーのお話

マクロビオティックを学んでいた時に知った有名な実話があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第二次世界対戦で原爆を投下された長崎。

秋月辰一郎医師と病院スタッフは

爆心地より1.8Kmに位置する長崎の聖フランシスコ病院で

被爆した患者を治療し続けましたが、誰も原爆症が出ませんでした。

秋月医師は、スタッフ全員に「わかめの味噌汁と玄米食」を勧めました。

また砂糖は絶対に避けるように指示していました。

病院スタッフは先生の言葉の通りに「わかめの味噌汁と玄米食」を食べ続け、

被爆者の治療にあたったにも関わらず、誰も原爆症を発症しませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

放射能は拡散するものすごく陰性なエネルギーを持っています。

味噌汁は陽性なもので、血液を強くしてくれ、

放射能に負けない体を作ってくれるというわけです。

(逆に砂糖は極陰性なので、砂糖をとると血液の質が悪くなり、

死んでしまうのです。)

チェルノブイリで原発事故が起こったとき、

この実話を聞いてヨーロッパでは味噌がものすごく売れたとか。

味噌にはたくさんの酵母や善玉菌が存在していて、

それらが小腸を強くし、免疫力を高めてくれます。

しかしこういう効果は合成の味噌にはありません。

きちんと発酵・熟成した味噌の力なんです。

 

 

味噌汁で強い血液を育てよう!

いかがでしたか。

味噌汁なら気負わず取り入れられそうではありませんか。

一人暮らしとかだと味噌汁も作らなくなるかもしれませんね。

インスタントは便利ですが、

ぜひ強い血液を育てるつもりでよい味噌を選んでください。

きちんと発酵させた味噌ならいっそ具はなくてもよいです。

湯飲みに味噌、熱いお湯を注いで混ぜるだけ。とてもおいしいです。

味噌汁って日本人のソウルフードですよね。

1日1回は味噌汁でほっとしませんか。

ぜひ日々の食事に取り入れてくださいね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-調味料の妊活, 調理の妊活
-バランス, マクロビオティック, 味噌, 味噌汁, 妊活, 血液,

Copyright© 妊活セラピストの視点|ninkatsu.view , 2018 All Rights Reserved.