香りの妊活

香りの妊活① 妊活に必須な本能の力を高められるものとは?

投稿日:

こんにちはー。妊活セラピストの渡辺です。

玉のような赤ちゃんを授かれる体作りを目指して、

今日も自然の流れに乗っかっていきましょうね。

今回から香りをテーマに妊活していきますよー。

世の中にあふれる人工的な香り

世の中にはいろんな香りがあふれています。

若干あふれすぎなほど。

ドラッグストアに行くと、

洗剤や柔軟剤、シャンプー、リンス、消臭剤(香りつき)、制汗スプレー、化粧品、香水、

それはもういろんな商品の香りが乱暴なほどに漂っています。

香りが強烈な柔軟剤などによって健康被害が出ることもあるようですが

多くの人にとってこういう香りが身近な香りなのかもしれないと思います。

自分の体臭や生活臭を他人に感じさせたくなくて、私たちは強い香りでかき消します。

それがエチケットだと思っている人もいるでしょうね。

特に日本人は体臭を嫌うので、無臭もしくはいい香りにしておくのが

世界的にみても好きな人たちかもしれません。

あまりにそういう香りが日常化してしまって、

それが自分にどういう影響を及ぼしているのかも分からないほどです。

身の回りにどのくらいそういう人工的な香りがあるのか、

りょっと見直してみましょう。

 

嗅覚は本能と直結しています

嗅覚のことも少しお話します。

匂いは鼻で感じ取りますよね。

この匂いの刺激は、鼻の奥にある嗅細胞という細胞を経て、

電気信号となって脳へ伝達される仕組みになっているわけです。

さらに脳のなかでも本能的なものを司る、

大脳辺縁系というところを刺激していきます。

大脳辺縁系は、動物の脳とか古い脳、感じる脳などいろんな言われ方をしますが、

人間だけでなく、他の動物たちも持っている、

いろんな欲求、本能、感情などを司っている脳です。

動物たちは、嗅覚をかなり頼りに生きています。

生きて行くのに嗅覚はなくてはならないものですよね。

仲間の匂い、敵の匂い、異性の匂い、

食べ物の匂い、危険な匂い、などなど。

匂いを嗅ぎとって、行動していきます。

視覚や聴覚も重要ですけども、

脳の仕組みを見てみても、本能を刺激しているのは嗅覚です。

 

嗅覚を取り戻すことは、自然を取り戻すこと

自然の力を体に満たして、

赤ちゃんを授かるパワーを育てていきたいこちらの妊活としては、

本来の嗅覚をぜひとも正常に取り戻し、

本能的なものをうんと高めていきたいです。

冗談ぬきで嗅覚を正常にすると、人生が変わるくらい影響があります。

私はアロマセラピーを取り入れて施術やスクールなどをしてきましたが、

自分自身香りに関わることによって、

あらゆるものの感じ方がガラリと変わっていきました。

それは本能で選び取るセンスが磨かれたとでもいいましょうか。

もう自分に必要ないと思うものが、

自然に決められるようになります。

私たちの毎日は選択の連続。

何をどう選ぶか人それぞれですが、

嗅覚を鋭くして本能を磨くと、それが感覚で決められるようになります。

もう動物ですよね。笑

しかし頭で考えたり情報に影響されたりして、選択してしまうことの多い現代、

本能で決められる力が香りを通じて磨けると聞いたら、

興味をもってくださるでしょうか。

では次回から香りのお話していきますねー。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-香りの妊活
-, , , , , ,

Copyright© 妊活セラピストの視点|ninkatsu.view , 2018 All Rights Reserved.